HHKBにトラックポイントを内蔵する方法 その5 - クリックボタンの設置

      2016/08/04

104-cut3

PFUのHappy Hacking Keyboardにトラックポイントを内蔵してみたので、その方法を紹介したいと思います。REALFORCEやMajestouchでも同様のことができると思います。

今回はクリックボタンを設置します。

SPONSORED LINK

クリックボタンの内蔵方法

クリックボタンの内蔵に関しては以下の2記事を大いに参考にしました。

Realforceにトラックポイントを内蔵する [3/4] 〜 作業編2 クリックボタンを内蔵する 〜

HHKB Trackpoint Mod

自作のボタンを設置している人もいますが、この2記事ではトラックポイントキーボードに付いている(純正)クリックボタンをそのまま内蔵させています。私も純正クリックボタンの内蔵に挑戦することにしました。

クリックボタンの準備

クリックボタンを内蔵できる状態まで準備します。

068-cut2

トラックポイントだけが外された状態です。上の音量などの部分がトラックポイントキーボードと異なりますが(ThinkPad内蔵仕様)、やることは同じなので気にしないでください。ThinkPad内蔵仕様の場合は、まずこのボタン周辺のプラスチックを外します。ただのクリップ留めです。

メンブレンシートの取り出し

まずはすべてのキートップを外します。指でも外せますが、細いマイナスドライバーを差し込むと簡単に外せます。どうせ使わないので傷が付いても気にしません。クリックボタンはそのままにしてください。

069-cut

内部の色や形状は製造メーカーによって微妙に違います。内部は違っても表面(キートップ表面とか上の接続端子の並びとか)は同じです。ちなみにキートップ自体やクリックボタンにはメーカー間の互換性がありません。傷ついたり割れたりしたときに、別メーカーのものを入手しても付けられません。

次に上部のプラスチック枠を外します。ハトメのようにプラスチックが裏で留まっているので、プラスドライバーやドリルなどでガリガリすれば外れます。T430世代のアイソレーション(アイランド)キーボードの場合はキーボード全体に渡っているので、クリックボタン部分(すぐ上部も含む)以外を外します。

109-2-s

アイソレーションキーボードの場合

次にパンタグラフを外します。非破壊にすべてを取り外すのは難しいです。パンタグラフは使わないので割れてもいいんですが、外すときにドライバーなどで下のメンブレンシートを傷付けないように注意してください。場所によっては致命傷になります。

071-cut

これでメンブレンシートが金属フレームから浮くようになりました。クリックボタンがそのままなので、金属フレームは繋がってはいます。アイソレーションキーボードの場合は、ここで1枚余分な黒いシートが外れます。

裏の金属フレームを、クリックボタン部分だけ残して切断します。

073-cut

メンブレンシートが繋がったままの作業なので、くれぐれもメンブレンシートを切断しないように注意してください。切断面が鋭利だとメンブレンシートを傷付ける可能性があるので、養生などをした方がいいです。綺麗に整えるのは設置場所を決めてからでいいでしょう。

メンブレンシートの切断

074-cut

このままでも機能はしますが、キーボードに内蔵するには大きすぎます。クリックボタン以外の部分は必要ないので、クリックボタンの配線だけを残して切断します。

裏から見て、裏側の右端4本がすべてGND(世代やメーカーによっては4本中1本のみの接続)、表側の右端から順に左ボタン,中ボタン,右ボタンです。トラックポイントキーボードのUSB変換基板が使えるキーボード(少なくともT60/X60世代~T430/X230世代)はいずれも同じピンアサインのようです。あとは一生懸命配線を追って必要な部分だけを残しましょう。私はNMB製を加工しましたが、製造メーカーや世代によって経路はマチマチです。

079-cut

写真の状態でもまだ余裕があったのでもっと削りました。無理しすぎてメンブレンシートが切れてしまわないように。

080-cut

表からだとこんな感じ。ボタンが外れていますが、外す必要はありません。

SPONSORED LINK

メンブレンシートをトラックポイントに接続する

メンブレンシートの上部の端子に、トラックポイントからのフレキシブルケーブルを接続します。金属フレームに装着していたときのプレートで両側から挟みます。

110-cut

もう少しいい写真に差し替えます……

ちゃんとボタンが機能するか確認しましょう。

クリックボタンを内蔵する

090-cut2

クリックボタンをHHKBに内蔵させます。クリックボタンの設置場所を決め(普通はトラックポイントの真下)、筐体にすき間を開けます。キーボード前部は合わさっているだけなので、少し削るだけで薄いメンブレンシートは十分通ります。ただ、メンブレンシートは左向きに生えているので、うまく折りたたんで上向きにするといいでしょう。

103-s

高さが足りないので、電子工作の定番・フリスクケースあたりを用意して乗せましょう。

104-cut

まとめ

上部がまだ美しくありませんが、これでトラックポイント付きHappy Hacking Keyboardとして十分に機能するようになりました。

次回はUSBハブの内蔵に挑戦します。

itjo レスポンシブ 本文下

 - キーボード・ポインティングデバイス , , , ,