[エクセル初級] 空白セルを削除して詰める(関数を使わない方法)

      2016/07/01

空白行を詰めたいときに、関数を使わずに直接データを処理して詰める方法です。

関数で詰めたい場合は [Excel] 空白セルを詰める関数 または [Excel] 空白セルを詰める関数(配列数式使用) をご覧ください。

この方法では、画像のように処理対象のデータの並び自体が変更されます。空白セルの位置が変更されることがなく、恒久的に詰めてしまいたい場合に使えます。

01

SPONSORED LINK

空白セルのみを選択

まずはセルを詰めたい範囲を選択します。

02

リボンメニュー(ウィンドウの上のメニュー)の 「ホーム」タブ → 「検索と選択」「条件を選択してジャンプ」 をクリックします。

03

「空白セル」を選択して「OK」をクリック。

04

こんな風に空白セルだけが選択された状態になります。この画像では、白枠のついたA3、水色になっている A5, A6, A9 の計4セルが選択されています。

10

ジャンプでエラーが出た場合

手入力したデータでない場合、「該当するセルが見つかりません」というエラーが出ることがあります。

error

このエラーが出たときは、[Excel] 空白セルが見つからない(長さ0の文字列を削除) に従って、空白セルを正しく扱えるように変換してください。

SPONSORED LINK

選択されているセルで右クリック

次に、選択されているセルで右クリックします。これが地味に難しいです。ここでは A3, A5, A6, A9 のいずれかで右クリックします。

06

間違えて選択されていないセルで右クリックすると、選択が解除されてしまいます。こうなってしまうと初めからやり直しなので、注意して右クリックしてください。

07

うまく右クリックすると、複数のセルが選択されたまま(いくつかのセルが水色になったまま)でメニューが開きます。

08

選択されたセルの削除

選択されている空白セルたちを削除したいので、「削除」をクリックします。

09

今回は上に詰めたいので、「上方向にシフト」を選択して「OK」をクリックします。横方向にデータが並んでいて、左に詰めたい場合は「左方向にシフト」を選んでください。

delete-up

空白セルが削除されて、データが上に詰まりました。お疲れさまでした!

10

itjo レスポンシブ 本文下

 - Excel , , ,